• ホーム
  • ペットの歯磨きに役立つグッズ紹介!

ペットの歯磨きに役立つグッズ紹介!

小さい犬

ここ数年で、ペットの歯磨きをする飼い主が増えました。つい10年前なら、考えられなかったことです。
動物にも人間同様、歯科疾患は起こります。ウイルスが原因のプラークが口内に増えれば、人間と同じように、ペットも歯周病にかかります。そうならないために、ペットも歯磨きをする必要があります。

ですが、いきなり歯ブラシを口の中に入れても、嫌がることがほとんどでしょう。そんな嫌がった状態のまま、どうにか無理やり歯磨きをするのは厳禁です。それではペットの中で、歯磨きが嫌なこととして認識されてしまいます。そうなると、今度もなかなか歯磨きをさせてくれなくなってしまいます。大事なのは、ペットにとって歯磨きを好ましいこと、良いこととして認識させ続けることです。もちろん簡単にはいきません。ひとつずつ、段階を踏みます。

まずは、ペットを飼い主のヒザの上に乗せます。これにはリラックスした状態にさせるという狙いがあるので、もともとヒザの上に乗ることを好まない、ヒザの上でくつろがないタイプには効果を期待できません。その場合、何かほかのくつろげる状態にする必要があります。リラックスした状態にさせることができたら、次に口を触ってあげます。唇をめくったり、口の内側を触ったりして、飼い主が口の中を触ることを受け入れてもらえるようにします。ある程度口を触ってから褒めるという行為を繰り返していくと、段々とペットの中でそれが良いこととして認識されます。口の中を触った後にご褒美としておやつを与えても良いです。ただし、おやつのあげすぎは肥満の原因となるので注意です。ただ褒めてあげるだけでも喜びます。

口の中を触られることに抵抗しなくなってきたら、次は布状のもので歯を拭くトレーニングに変えます。それに慣れたら、ようやく歯ブラシを使用できます。使用する歯ブラシは、なるべく小さいもので、口に入れたときの異物感が少ないものが良いです。

ペットショップなど行くと、歯磨き用に作られたおもちゃが多数販売されています。トゲトゲしているものやロープ状のもので、噛んだり引っ張ったりして遊ぶだけで歯磨き効果があるという優れものです。しかし、おもちゃで遊ばせるよりも歯ブラシで直接磨いてあげたほうがプラークをしっかりと取り除くことができます。ペットの健康を思うなら、面倒くさがらずに段階を踏み、歯ブラシを使って日々のデンタルケアを怠らずにしてあげましょう。