• ホーム
  • 子供の成長にもペットは一役買ってくれる

子供の成長にもペットは一役買ってくれる

遊ぶ犬と猫

SNSなどでは、ペットと子供が一緒に遊んでいる写真や動画を多く見つけることができます。よく見ると子供に遊んでもらっているだけではなく、ペットのほうがお世話をしているようにも見えます。
ペットが子供の成長にもたらす影響についての研究もまた、世界各国で数えきれないほど多くされてきました。まず、ペットと一緒に生活して幸せを感じるのは大人だけではなく子供も同じです。その癒し効果は、相手が大人であっても子供であっても変わりません。ペットと一緒に生活する子供は幸福度が高いということが、研究によって分かっています。具体的な特徴としては、心身ともに健康であることのほかに、素直であったり、情緒が安定していたりすることなどが挙げられます。そしてペットと一緒に生活している子供は行動面でも学習面でも、問題が少ないというのです。

動物と一緒に生活するのは、決して簡単なことではありません。人間と同じように、ひとつの命なのですから、下手に扱えば死んでしまいます。食事を与えなかったり、乱暴に扱ったりすると死んでしまう。当たり前のことですが、まずはそんな当たり前のようなことから学んでいきます。

さらにペットを健康な状態で保つためには、適した食事と適度な運動、そして愛情を注ぐことが何よりも大事です。ストレスを与えてはいけません。何がストレスで、どう対処をすれば良いのか、それらを考えることは大人にとっても難しいことです。こうした簡単ではない世話の経験によって、責任感が生まれます。世話を通してさまざまなことを学び、楽しいことも辛いことも経験して、いつのまにか感情も豊かになっていきます。

多くの親たちが苦労するのが、夜寝かしつけることです。夜、なかなか寝ない子供は多いです。しかし、夜行性でない動物たちはたいてい夜になれば寝るものです。動物たちというのは、人間よりも規則正しい生活リズムを保っています。日中ずっと寝ている犬でも、夜は必ず決まった時間に眠ります。そんな動物たちと一緒に生活していれば、おのずと飼い主側の生活リズムも整うという訳です。夜なかなか寝なかった子供も、ペットとの遊びや散歩に毎日付き合わされていれば、疲れて自然と眠るようになります。遊びや散歩には意外に多くの体力を消費する気がしますが、これは研究で明かされている事実です。自分自身の運動のために散歩したりジョギングしたりする人に比べて、犬を散歩させるほうが、運動の速度も距離も上回るというのです。ペットのおかげで運動量が増えるのは、気のせいではありません。