公開履歴
皿を見る縁故

人はなぜ、ペットを飼うのでしょうか。かつての日本では、今はペットとして大人気の犬や猫でさえ、人間と関わることのない野生動物として扱われてきました。そんな犬や猫を、そしてそのほかの動物たちを、現代の人々はなぜ飼いたいと思うのでしょう。
それは、人間の精神と大きく関係しています。これまで世界各国で、動物の癒し効果についての研究がおこなわれてきました。そして、ペットを飼うことは人間の精神のみならず身体の健康までも保ってくれるということが証明されたのです。

アニマルセラピーという言葉がありますが、これは動物とのふれあいによってストレスを緩和させ、精神と身体の衛生を保ち、生活の質を向上させるという考えのことを意味します。小難しい表現ですが、簡単に言うと、ペットには人の心を癒し、精神的にも身体的にも健康にする効果があるということです。研究では、大好きなペットと一緒に過ごすだけでストレスが緩和し、自尊心も改善され笑顔が増えるという結果が出ました。ペットとふれあうことで、幸せホルモンが分泌されやすい状態になります。この幸せホルモンは、正確にはオキシトシンというもので、別名愛情ホルモンとも呼ばれています。本来は母乳を出すためのホルモンで、大切なパートナーとのスキンシップによって分泌されるものなのですが、それがペットとのふれあいでも分泌されるということが分かったのです。

さらにアニマルセラピーの効果は、精神的なものだけではありませんでした。オキシトシンが分泌されやすくなると、ストレスホルモンが抑制されて血圧が安定するため、心臓疾患などのリスクが減少します。実際に、猫を飼っている人は飼っていない人に比べて、心臓疾患で亡くなるリスクが40パーセント減少したということが、アメリカの調査によって判明しました。幸せホルモンの分泌が、ストレスの抑制を促して、心臓疾患などのリスクを下げてくれるのです。アニマルセラピーは、オキシトシンだけでなく、加えてセロトニンやフェニルエチルアミンなどの幸せホルモンの分泌も促します。幸せホルモンは満腹感も与えてくれるため、食べすぎの予防にもなります。また、ペットの散歩や遊びに付き合うことで必然的に運動量が増えるので、運動不足の解消が期待できます。

ペットとの生活は精神的にも身体的にも良い効果ばかりということが、研究によって証明されています。中でも、その癒し効果は本当に大きなものです。だから、人はペットを飼うのです。

記事一覧
ペットの歯磨きに役立つグッズ紹介! 2020年06月09日

ここ数年で、ペットの歯磨きをする飼い主が増えました。つい10年前なら、考えられなかったことです。動物にも人間同様、歯科疾患は起こります。ウイルスが原因のプラーク...

臭いが気になるならペット用の消臭剤を買おう! 2020年05月22日

ペットと生活空間を共にしていると浮かび上がる問題が、臭いです。普段ならまだしも、お客さんが来るとなったら、ペットの臭い問題はとても気になります。自分たちにとって...

ペットの涙や目ヤニが頻繁に出るなら注意! 2020年06月24日

ペットも涙や目ヤニが出ます。多少目ヤニが付いている程度なら問題ありません。正常な目ヤニでも放っておくと感染などを引き起こすことがあるので、綿棒やティッシュなどで...

ペットのノミやダニは薬で事前に駆除! 2020年05月03日

ペットを飼うにあたって、飼い主もペット自身も悩まされるとても厄介な存在があります。それが、ノミやダニなどの寄生虫です。主に犬や猫が被害にあう寄生虫です。もともと...

子供の成長にもペットは一役買ってくれる 2020年04月20日

SNSなどでは、ペットと子供が一緒に遊んでいる写真や動画を多く見つけることができます。よく見ると子供に遊んでもらっているだけではなく、ペットのほうがお世話をして...